居宅介護支援事務所

  1. 居宅介護事務所とは
  2. サービスを受けるまで

居宅介護事務所とは

相談業務やケアプラン作成を実施するのが、ケアマネージャーの仕事となります。
そして介護保険の認定結果にもとづき、利用者さまとご家族の希望をお聴きしながら
介護保険サービスとその他の福祉サービスを適切にご利用いただけるよう、
サービス事業者や施設、関係者と連絡調整を行います。
介護に関するあなたの相談担当です。
各種手続きを代行できます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

サービス内容

  • 介護に関わる相談、要介護認定申請や更新認定の申請代行
  • 居宅サービス計画(ケアプラン)の作成
  • 市町村・保健医療福祉サービス機関との連絡調整
  • 居宅サービス利用時の相談受付

ご利用対象者

  • 65歳以上の方で、脳血管障害、寝たきり、認知症などで、入浴、排せつ、食事などの日常生活に介護が必要な方(要介護者)、および要介護者にならないように日常生活に支援が必要な方(要支援者)
  • 40歳以上、65歳未満で介護や支援が必要となった方
※ 脳血管疾患や関節リウマチなど加齢に伴って生じ、政令で定められた16種類の病気や状態にある方で、介護や支援が必要になった方。

ご利用料金

無料
※ 全額介護保険からの給付となりますので自己負担はありません。
※ ただし、保険料の滞納等により法定代理受領ができない場合には、一ヶ月当たりの利用料をご負担いただくことになります。

1. 申し込み

  • 各市区町村に要介護認定の申請をします。申請方法は市区町村の介護保険担当課、またはお近くの地域包括支援センターまでお問い合せください。また、居宅介護支援事務所で申請を代行することができます。
  • 介護保険サービスは申請日から受けることができます。ただし、非該当となった場合は、利用したサービスの費用が全額自己負担となりますのでご注意ください。
申請を代行できます。
お気軽にお問い合わせ下さい。

2. 介護認定検査

  • 申請を受けて介護や支援が必要かどうかを市区町村が審査・認定します。市区町村の職員や委託された認定調査員が訪問して、心身の状態などを調査します。
  • かかりつけの医師に「意見書」を依頼します。依頼は申請者が行う場合と、市区町村が行う場合とがあります。介護保険担当課でお聞きください。

3. 要介護区分の認定

  • 要介護認定により、介護保険から支給される上限が決まります。

4. ケアプランの作成

  • ケアプランの作成の費用は介護保険から全額支払われます。
    自己負担はありません。
  • 要支援1・2の方は、お近くの地域包括支援センターでケアプランを作成してもらえます。
PAGE TOP